くるくると回るチキンちゃん。 フリフリチキンって美味しいよね。


by legendetc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

なんだか忙しないお天気ですね・・・・。

せっかく新しい車を買ったのに、洗車したいのに雨がすぐ降るし。
ワックスが効いてていいのですが、しかしやっぱり真っ白な車なので汚れが目立ってくるんです。
なので・・・・車外の清掃はちょっとおいておき、車の中の清掃をしようかと。
シートにクリーナーとオイルを塗り、
内側のガラスを磨き、インパネ周りを磨き・・・
磨き終わってドライバーズシートに座り、うっとりとインパネを眺める・・・・。
後ろの席に座って、のんびりしてみる・・・・。

傍から観ると変な人間に見えるのでしょうかね♪
[PR]
by legendetc | 2006-05-30 17:29 | マイライフ

またまた映画のお話。

今回は・・・・

Mr.3000

コメディ俳優、バーニー・マック主演のスポーツコメディ。
このバーニー・マック、私はあまり知らなかったのですが・・・
「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」などにも出演をしておりました。
さてと・・・内容は・・・・「野球殿堂入り」に必要な3,000本安打達成を理由にシーズン途中でメジャーリーグを引退しまうんですが、10年後に3本の認定を取り消されてしまったことをきっかけに再デビューを決意するというもの。

いやぁ、久々にコメディを観ましたね。
最初はなんだか「ふ~ん」という話でしたが、結局深夜に観たのにもかかわらずずっと観続けました。面白かったですよ。
最後は・・・・って、まだこれから観ようとしている人にはあれなので、あえて書きませんが、コメディだけでは終わらない映画でした。

なんだか、「いやぁ、良い話だなぁ・・・」という感じです。

好き嫌いは分かれる映画かと思いますが、単純に楽しめますね、はい。
2004年に公開された映画ですので、ちょっと古いんですが・・・。

監督は「ドラムライン」でも監督をした「チャールズストーン三世」。
このドラムラインって言う映画も、これまた良かったなぁ♪
[PR]
by legendetc | 2006-05-29 14:07 | 映画

駐車違反のお話

6月1日から駐車違反の取締りが強化されるようですな。
まぁ、駐車違反は渋滞を招いて緊急車両などにも迷惑。また止まっている車に激突するなどという重大な事故の原因にもなっているというから、取締りの強化事態には問題は無いかと思う。
過去に私も2度駐車違反で切符を切られたことがあるが、まぁそれは違反ですからしょうがありませんね。

しかし、今日の新聞の記事をよんで「?」と思うことがありました。

それは
「6月からは、ドライバーが反則金の支払いを拒んだ場合、車の所有者から放置違反金(反則金と同額)をとる制度が導入されるという。
今までは違反ステッカーなどが貼られたドライバーが警察に出頭して支払うのは15,000円(普通車の放置違反)。年間になんと800億円前後にのぼるといわれる反則金はいったん国庫に入った後、交通安全対策特別交付金として都道府県と市町村に配分されているという。交付金の使い道は信号機や道路標識、ガードレールなどの整備費用に限られている。
取り締まり件数と交付金の配分額は必ずしも一致せず、人口集中地域や交通事故の多い自治体ほど多く分配されるらしい。
しかし、今度導入される違反金は反則金と違い都道府県の直接の収入になるようです。しかも、使い道は限定されず交通安全以外の予算にまわしてもいいというのである。
さらには交通違反金には違反点数がつかない。半年に3度の違反金納付命令を受ければその車の使用が制限されるが、ほとんどの所有者は違反をしても減点を恐れて出頭せずに、放置違反金の請求を待つのでは?という見方があるようです。
そうなると、都道府県は警察を通じて厳しい取締りを行えば行うほど、取りはぐれのない一般財源を増やせることになるようだ。
違反者にも自治体にも言えることだが、「金さえ取れればいい」「金さえ払えばいい」という影を感じてやまない。

はたして迷惑駐車が減るのかどうか。
見ものである。

しかし5分離れたら違反対象って、それはどうかと・・・・。
宅配便の車はどうするのかしら・・・・。

では、皆様今日も安全運転で♪
[PR]
by legendetc | 2006-05-28 12:04 | 文句♪

あっ!

という間に終わってしまったゴールデンウィーク。

連続勤務は疲れたようなそうでないような・・・・・・。

さて、連休も明けて私にもやっとこさ休みができました。
そんなわけでDVDのお話。

さてさて今回は「リクルート
ん?なにその映画?という人のために・・。
出演は「ゴッドファーザーⅢ」などにも出演した名優、アルパチーノ。
そして、「S.W.A.T」や「マイノリティーリポート」などにも出演した、コリン・ファレル。
このコリン・ファレル、間違ってもこりん星から来た・・・・ということはない、と思う。
ちなみに私と同い年。
監督はトムクルーズの「カクテル」や「ダンテズ・ピーク」「13デイズ」などの監督も努めたロジャー・ドナルドソン。この監督、どちらかというと、古典的なドラマから社会派ドラマ、政治スリラー、ブラック・コメディ、SF等、様々なジャンルの映画を手掛ける。スリリングな映画が多いですな。

ってな事で、本題。
さて、この「リクルート」、マサチューセッツ工科大学の学生ジェイムズ・クレイトン(コリン・ファレル)の卒業後の進路は、パソコンメーカーから誘いを受けるなどエリート街道を約束されていた人物。そんなジェイムズはとある日、アルバイト先のバーである男に出会う。彼はCIAの教官で採用担当者。事前にジェイムズに関する情報を全て調べ上げたうえ、その能力を見込んで採用するために訪れてきた。ジェイムズは悩んだ挙げ句、就職先をCIAに・・・・・・。
というような内容なんですが、まぁ内容がどうのこうのは皆様、見てからのお楽しみということで。
いやぁ、こんなにもCIAの特別捜査官になるのがつらいとは・・・。
いろんな映画でCIAやらNSCやらFBIなどの特別捜査官が出てきますが、その役を見ると
「う~ん、こんな仕事をやってみたいなぁ」などと思っていましたが、この映画を観てその思いが一気に失せました。
いやいや、好き好んでやる仕事にしてはハードすぎる。
えらい給料ももらっているんだろうなぁ・・・とも思っていましたが現実はほんの一部の人間にだけ・・・・。
やってられないなぁ、いくら高い給料をもらっても命がいくつあっても足りない仕事です。
しかも、幸せな家庭というものは築けないような気がします。
奥さんからしてみれば、夫が家を一歩でもでればそれはもう帰ってくるか来ないかなんて・・・。

私は今の仕事で十分かしら、と改めて認識しました。

映画としてはちょっと最後が複雑ですが、それなりに面白かったです。

ちなみに最近は「ザ・グリッド」というDVDを観始めました。
「24」っぽい映画(ドラマ)ですが、これも面白そうです♪
[PR]
by legendetc | 2006-05-20 14:07 | 映画

あと1日・・・・・。

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

車でお出かけ、海外へ脱出、家でのんびり、いろいろなすごし方をされておりますでしょうか。

そんな私は・・。
はい、仕事です。

まぁ連休は稼ぎ時でしょうか、皆様がお休みの日に仕事をする。
そんな業界に入ってはや8年が経ちました。
まぁどうせどこへ行っても混んでるから・。。。。。
なんて自分を言い聞かせ働いております。

奥さんが今は仕事をしていませんので、奥さんの分も働かなくては・・・。
って言っても別にどんなに働いたって管理職は残業代なんて嬉しいものはつきませんが・・・・。

上司(うえ)からあ~でもないこ~でもないと言われ、部下(した)からは「んなこと言っても」なんて会社の事を考えずマイペースで仕事をする人(ヤツ)がいたりと・・・・。
あ~、世の中の中間管理職の皆様、共に日本を良い国にするためにがんばりましょう。

世間では団塊世代の方々の退職に伴う退職金の行方が気になっておりますね。

われわれの年金が気になる今日この頃。
今の日本を創り、支えてきてくれた団塊世代の皆様。
その退職金などの有効な使い道は。。。。。
そう、全部これからの我々の年金に充ててみてはいかがでしょうか?

今の若者(働いている方々の総称)が高齢者の年金を払っている現実。
少しでも還元してみてはいかがでしょうか。


っていうか、国会議員の給料を減らしてもっと税金を有効に使ってくれれば、こんな愚痴はでてきませんね。
世界中を見れば、医療費は国民全員が無料(タダ)なんていう国も存在するくらいです。

なんだか日本っていう国は世界中から見れば裕福にみえるんでしょうけど、
実際はそうではないようなきがしてやまないおっと。です。


仕事も、もっともっと家族と過ごす休日をメインにしてもいいのではないでしょうか。
私自身は長期休暇の願いは会社に何度も打診するほうです。
打診をしてみてもOKになることは皆無です。
でも、誰かがそうしなければ、今後もずっと改善がされません。
私の会社は、休んでいる人間が後ろ指を指されるような会社にしたくはないのです。
むしろ、これだけ売り上げがあって、皆が活き活きと働いて、なんか文句ある?
そんな会社にしたいのです。
でも、現実ははまだまだそれには程遠いものがあります。

2日間の休みがあれば、それは「連休」。
1年間に2回あればいいほうです。そんなに忙しいんだからよほどの給料をもらっているのでは・・・・、なんて思われる方もいらっしゃられるかと思いますが、現実は奥さんと二人暮しが精一杯。
「おっと。」自身の趣味に使われる金額なんて年間に雀の涙ほどではないでしょうか。
これからの自分に投資できないのが現実です。


さてと、ゴールデンウィークも残すところあと1日。
少しでも自分の担当の売り上げを上げて会社に貢献しますかね。

会社に貢献しても、会社は自分のために何をしてくれる?
そんなことは考えずに、自分の成長のために会社を利用しましょう。

死んでしまうぎりぎりまで働いて、休みの日は自分のために時間を過ごす。
もっともっと、リフレッシュが必要ですな。私にも、今の日本にも。
[PR]
by legendetc | 2006-05-07 00:44 | マイライフ